注文住宅を検討したときに、最初にしなければいけないのが情報収集になります。理想のマイホームを建てるには、はじめが肝心でもあるので、本コラムでは情報収集の方法について説明します。それと合わせて注文住宅の成功ポイントも紹介するので、一緒にご覧ください。

注文住宅の情報収集が成功のカギ

注文住宅を建てる場合、土地や物件選びの情報収集をしますが、ここではどんな情報源があるのかを紹介します。また、不動産会社を利用する利点や、情報を集めるときに意識しておきたい相場や動向に関することも解説していきます。

色々ある!情報源をフル活用しよう

一生に一度かもしれない買い物、それが注文住宅。最大の情報源と言えるのは各社の営業担当者ではないでしょうか。自社の建てた家の機能性やデザイン性など、施工例を交えて解説してくれる頼もしい情報源です。耐…

Read more »

地元の情報が満載!不動産会社を活用してみる

注文住宅においては家を建てる地域の情報収集が大きな鍵を握ります。家の完成後はその地において長らく生活していくわけですから、地元の情報をあらかじめ収集しておくことは、安心かつ安全に生活していく上でと…

Read more »

情報収集から相場や動向を知ることが大事なポイント

注文住宅でのマイホーム設計の場合、情報収集が重要となります。どのハウスメーカーや住宅デベロッパーにするかの業者の選択はもとより、その立地条件にも左右される相場や動向を知ることも大切なポイントといえ…

Read more »

>

モデルハウスでイメージを明確にしたい注文住宅

注文住宅の成功ポイント

失敗しないように注文住宅を依頼するにはどうしたら良いのでしょうか?ここでは、満足のいく注文住宅を建てた成功者の方々が、よく実践している成功ポイントを伝授します!後悔しないための予防策になるので、ぜひチェックしてみてください。

設計や建築業者ととことん話し合う

完全自由設計で家づくりをする注文住宅では、最初に行われる設計が最も重要な段階と言われています。この段階においていかにして家に対する思いを図面に落とし込んでいけるかが成功のカギを握るといっても過言で…

Read more »

どんなマイホームにしたいのか具体的なイメージを固めておく

土地を購入して注文住宅を建てようと思ったときは、何から始めたらいいのかわからなくて困りますよね。そんなときはまず、家族全員でそれぞれの理想とするマイホームのイメージを思い浮かべて、意見の出し合いを…

Read more »

建築中は任せきりにせずこまめに見に行く

イメージ通りかどうかを確かめておこう

注文住宅による家づくりにおいて設計が完成したら、あとはハウスメーカーに任せる人が多くいますが、これは良いことではありません。確かに多くのハウスメーカーでは工程管理をしっかりしているため安心できる面もありますが、それでもこまめに建築現場に足を運ぶことが大切です。その理由は図面で描いていたイメージと実際に家が建てられていく様子とが異なることがあるからです。これは非常に重要なポイントで、家の完成後に初めて現場を見たら図面で描いていたイメージとは異なっていた、といったケースがよくあります。図面はあくまでも机上のものであるため、イメージを膨らませすぎる傾向にあります。このため、実物がイメージ通りであるかどうかをこまめにチェックする必要があるわけで、そのために現場へ足しげく通うことが大切となります。

柔軟に変更してくれる場合もある

そして現場へ足を運ぶ目的として、もう一つ大切な要素があります。それは建築現場を見て、もしイメージと違っていたために設計を変更したい場合は、柔軟に変更してくれる場合があるという点です。ただし、これは無条件で可能というわけではなく、あくまでも軽微な変更で図面や工程に支障をきたさない範囲、となります。例えば壁の色を変える、住宅設備のメーカーを変える、照明器具の形を変えるなどは対応可能なことが多いですが、部屋を増やすなどの間取りの変更や窓を増やす、玄関の位置を変える、など家の構造にかかわる変更は基本的には不可となります。ただ、建築中における設計の変更が可能かどうかは、ハウスメーカーによっても対応が大きく異なりますので、現場を見て気になったことがあれば、遠慮せずにその場でスタッフへ声をかけることが大切と言えます。

© Copyright Housing Association.All Rights Reserved.